「腎不全の治療方法は〜」みたいな生々しい情報は。

テレビで視聴率が稼げるのが食事と健康ですが、映画も医療系は人気のジャンルです。
私が医療映画で最初に思い浮かぶのは伊丹十三の「大病人」。
余命1年のがん患者の葛藤を描いた傑作ですね。
近年では、ドラマから映画化されることが多く、どっちが先か、
そもそも繋がっていたか定かでないですけど、チームバチスタとかもありましたね。
よく知らないのに挙げてすみませんけど。
ただ、ドラマも映画も取り上げるのは医療というマスクをつけた人間描写。
テレビで視聴率が取れる「腎不全の治療方法は〜」みたいな生々しい情報は得られません。
そう考えると、医療系が人気なのは病気になった時の気持ちの移ろいを知りたいからなのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です