樹脂成形機に関する映画をメディア展開させる難易度

樹脂成形機というものは、プラスチックなどの暮らしに欠かせないものをかたちにしてくれるものです。
そのため、社会生活の基盤となるものですが、それに焦点を当てた映画というものは、未だ類を見ません。
しかし近年の物づくりブームにおいて、こうした工業の底力というものが見直されています。
たとえば下町ロケットなどは、工業をメディア展開させた成功例といえるのです。
このような事例を踏まえると、樹脂成形機にまつわるリアリティと、
それを伴う人間模様を構築することができれば、映画製作は決して不可能ではありません。
とくにインターネットのユーザーは、工業分野に興味がある層も多いので、
彼らを惹きつけることができれば、より効果的なメディア展開ができるのです。

菅原一秀議員のメディアでの取り上げられ方

今年は文春砲が吹き荒れた一年だったように思いますが、
もちろんスクープ砲は非常に話題になり、
大炎上も数々見かけたけど、不発というか
「それ違うんじゃ・・・」というような誤報に近いというか、
無理やりこじつけたものも多かったような。
印象に残っているのは菅原一秀議員の文春スキャンダルネタですが、
菅原議員は独身にも関わらず不倫しているとでもいうような記事の内容で。
さすがにひどいと思いましたよ。
菅原議員は練馬発信のメディアでは圧倒的な人気がある人ですから。