「腎不全の治療方法は〜」みたいな生々しい情報は。

テレビで視聴率が稼げるのが食事と健康ですが、映画も医療系は人気のジャンルです。
私が医療映画で最初に思い浮かぶのは伊丹十三の「大病人」。
余命1年のがん患者の葛藤を描いた傑作ですね。
近年では、ドラマから映画化されることが多く、どっちが先か、
そもそも繋がっていたか定かでないですけど、チームバチスタとかもありましたね。
よく知らないのに挙げてすみませんけど。
ただ、ドラマも映画も取り上げるのは医療というマスクをつけた人間描写。
テレビで視聴率が取れる「腎不全の治療方法は〜」みたいな生々しい情報は得られません。
そう考えると、医療系が人気なのは病気になった時の気持ちの移ろいを知りたいからなのかな?

不動産鑑定士!?固定資産税や借地の相談なんかも・・・・。

大学時代の映画サークルの知人が現在「不動産鑑定士」の資格を取るために猛勉強中。
「不動産鑑定士」てまったくわからなかったのですが、
公認会計士試験と並んで3大国家試験と聞いてビックリ。
国や都道府県が行う地価公示や地価調査、相続税・固定資産税の評価、
個人や法人が不動産を売買、借地の相談なんかも、、仕事の幅も大きくてびっくりしました。
試験の難易度もかなり難しいらしいので、大学時代の様子を思うと心配になってしまいますが、
かなり真剣に取り組んでいるようなので、資格が取れることを応援しております!
しかし「資格」はやっぱり強いですよね~。

例えばサーフィンスクール湘南のショートムービー。

映画は昔から政治に利用されてきており、いわゆるプロパガンダ映画なんですけど、
とくにドイツや中国はいい例ですが、プロパガンダ映画は、
プロパガンダ映画だと理解して楽しむのが正しい見方だと私は思っています。
日本では某政党がやたらとアニメ映画を流してプロパガンダというより
洗脳に近いことをしていますが、ここまでくると映画が腐っているというより
メディアが腐っていると言った方がいいですよね。
とはいえ、例えばサーフィンスクール湘南のショートムービー。
これはプロモーションだけど、分類するならプロパガンダみたいなもので、
厳密に区別していくと表現の自由とか訳がわからなくなりますね。

ニッケル水素電池の充電がなくなり映画のクライマックスで・・・

昔は映画を見るメディアといったら映画館かテレビだけでしたけど、
現在は映画とメディアの関係がだいぶ変わってきました。
パソコンやスマートフォン、タブレットなどでもインターネット経由で
映画が見れてしまうご時世になりました。
便利になったものです。
スマートフォンなどで見る場合、ニッケル水素電池などを使った
モバイルバッテリーを使用している方も多いですが、
それでも長時間の映画などを見ていると電池が切れてしまうことがしばしばあります。
いよいよクライマックスというところで電池切れで消えてしまった、
という悲劇的体験をしたことがある方も多いでしょう。
そんなことにならないために、モバイルバッテリーは、
ちゃんと残量表示がされる商品を選ぶといいです。

映画館帰りに古物市場に行ってみた

自分が観たかった映画を鑑賞して既存のメディアの進化を堪能した後
ちょっと時間が空き、古物市場に立ち寄っていろいろと品物を物色してみる方も
非常に多いのではないでしょうか。
こういった古物市場では新品で販売されている物に比べて
はるかに安く売られているため、利用者が非常に多いことにもきっと頷けるでしょう。
例えば家電製品はすでに販売されているものとまるで遜色ない状態で扱われていますし、
珍しい切手や昔の硬貨などを取り扱っている業者さんも結構いるでしょうし、
映画とメディアの関係に関する古本なども充実しているはずです。
たくさん購入して自分の部屋を便利な状態にすることができるかもしれませんし、
気に入ったものがあればぜひ手に入れてみると良いのではないでしょうか。

手形割引を東京の業者さんに任せ映画を見に行った

手形割引がしたかったので、インターネットで調べてみたら
手形割引を東京の業者さんが代行してくれることがわかったので
早速頼んでみたところお任せすることができましたので、
気になった映画を見に行くことにしました。
映画の予告編を見ていて気がついたことは、
東京のテレビのキー局が映画をたくさん作っていると気付きました。
メディアはいろいろなことをして活動していることがわかりました。
映画とメディアの関係はやはり広告代理店が関係しているのかなとも考えました。
こんなにもテレビ局に映画が作れるのにはスポンサーがついているはずです。
映画館から帰ってくると業者さんから手形割引が終りましたとの連絡をいただきました。
東京って不思議なところだなとわかりました。

給湯器交換という痛い出費!

私はメディア関係の仕事をしているのですが、特に映画製作の仕事に携わっています。
映像編集の仕事をしているので、自宅でもできるように機材を自宅に入れています。
映画とメディアの関係というのは、密接に関わっているので、
映画関係者の他に、メディア関係者にも知り合いはたくさんいます。
ある日、映像編集の仕事をしなければいけなかったので
自宅にいたところでちょっとした事件が発生しました。
コーヒーをいれようと台所に行ったところ、なんと給湯器が壊れてしまったのです。
まだ使い始めて3年くらいしか経っていないのに壊れてしまいました。
そこで、修理業者を呼んだところ、給湯器を交換しなければならないということになり、
痛い出費になってしまいました。

東京の化粧品輸入代行の業者さんと打ち合わせ

東京の化粧品輸入代行業者との打ち合わせをしたことがあります。
そこでは、映画に関する話題や、メディア戦略についての話題も議題に上がりました。
化粧品は、製品の質も確かに必要ですが、イメージが良くなければ売れません。
そのため、各社ともにイメージ向上のために宣伝活動を行います。
ただし、輸入代行の場合、直接製品の宣伝をすることができません。
そのため、サービスがいかに優れているのかを知ってもらう必要がありますが、
他社との差別化を図ることは難しいです。
そのため、映画のように、映像でわかりやすく良さを知ってもらう方法を
考えてみましょうということになり、映画の話題になったのです。
時折脱線しましたが、有意義な時間になりました。

愛犬のアレルギーの相談にのってもらいました。

キャッツ&ドッグスという映画は、人間用の犬アレルギー薬を開発している教授を取り巻くお話ですが、
そんなアレルゲンともなる犬も実はアレルギーに悩まされているのです。
犬のアレルギーの中でも多いのが食物アレルギーで、ドッグフードに使用されることの多い
牛肉・乳製品・小麦・子羊肉・鶏卵・鶏肉・大豆・トウモロコシなどがアレルゲンとなってしまうのです。
アレルギーの症状として多いのは皮膚症状で、かゆみ・発疹・発赤・脱毛などの症状が出ます。
犬は自分で食事を選ぶことができませんし、かゆい部分は掻いたり噛んだりして
悪化させてしまうので、早めに対応してあげることが大切です。
犬のアレルギーはメディアでも取り上げられるようになり、
アレルギーに対応したドッグフードも販売されています。
愛犬のアレルギーの原因を突き止め、愛犬に合ったドッグフードを選んであげましょう。